0

西日本シティ銀行のカードローンでお金を借りる

Posted by 管理人 on 6月 19, 2015 in 金融

西日本シティ銀行は、福岡県福岡市に本展を置く地方銀行で、福岡を中心に198カ所の店舗があり、設立は昭和19年という比較的新しい銀行です
西日本シティ銀行のカードローンは「キャッシュエースプラス」女性専用の「キレイのトビラ」があります。
「キャッシュエースプラス」は金利13.0%〜14,95%、融資限度額は10万円から最大で300万円までとなっています。
申込条件は年齢20歳以上69歳以下で収入のあるかたとなっているので、パートをされている兼業主婦のかたやアルバイトのかた、配偶者に収入があれば専業主婦もお金を借りることができます。
ただ、学生は申込ができないようです。
お金を借りる申込方法はインターネットから仮審査を受ける方法や電話での受付、店頭窓口からの申込が可能で、仮審査を終えれば電話で審査結果が伝えられます。
その後申込書が送られてくるので、必要事項を記入して店舗へ行くか書類を返送すればカードが送られてきます。
「キレイのトビラ」は年齢20歳以上60歳までの安定した収入のある女性で、会社代表または個人事業主が対象になっているのでパートやアルバイト専業主婦や年金受給者は申込ができません。
金利は11,0%〜12,95%、融資限度額は最大で300万円までになります。
返済方法は、全国の銀行ATM、ゆうちょ銀行のATM、提携コンビニATMのセブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATMが利用できるので、借入や返済でATMを探さなければならないといった不便さはありません。

タグ:

 
0

審査が緩い消費者金融

Posted by 管理人 on 5月 23, 2015 in 消費者金融

キャッシングを始めるとき、どうしても気になるのが審査があるということでしょう。
しかし、審査に通らないとお金は借りられませんし、貸すほうの立場から見ても審査なしでお金を貸すことはまずありえません。

キャッシングは無担保でお金が借りられますが、そのためには100万借りる申込者が確実にお金を貸してくれるかどうかが最重要項目で、貸したお金が返ってこなければ事業として成り立ちません。

そのためにおこなわれる審査ですが、審査基準はそれぞれのキャッシング会社で決めており、内容は公表していないのでわかりません。
審査はコンピューターを使い、信用情報機関のデータベースをもとに色々な観点から、申込者の信用度を測り、貸せるだけの属性があるかを評価していきます。
コンピューターを使うために、少しでも条件が合わなければ即はじかれてしまいます。

しかし、地方都市や大都市に存在する中堅と呼ばれる消費者金融はコンピューター審査をおこなっていない消費者金融もあります。
これらの小規模の消費者金融は大手の審査に落ちた人を顧客の対象にしています。
会社によっては金融ブラックと呼ばれる人や主婦、水商売といった審査の通りにくい職業のひとにも、審査基準を緩くすることで融資しているところもあり、条件さえ揃っていれば即日融資も可能といわれています。

キャッシングの申込を大手に限らず、中小消費者金融まで範囲を広げて探すことで、大手で借りられなかった人でも融資が受けられるところが見つかるはずです。

 
0

キャッシングですぐ借りる

Posted by 管理人 on 4月 30, 2015 in 融資

お金が必要なときの処方
キャッシングと言う言葉は英語の「cash」に「ing」を付けたもので、「cash」は現金のことをいいそれに「ing」を付けた和製英語です。
この言葉が作られたのは銀行にはローンとという商品があり、よく知られているのが住宅ローンやマイカーローンなどがあり、キャッシングはこれらと区別するため作られた言葉で小口金融をいいます。
銀行ローンでお金を借りるときは、担保や保証人を用意しなければなりませんし、審査に時間がかかり、融資が受けられるまでに1~2カ月は必要になります。
また融資が決まるとお金が一度に支払われ、あとは返済計画に基づいて返済を続けるだけになります。
途中で追加融資をしてもらうときは改めて申込から始めなければなりません。
キャッシングは、無担保でお金が借りられること、審査で融資限度額が決まればその範囲内で何度でも借入れすることができるという点に違いがあります。
またキャッシングは審査スピードもはやく、すぐお金が必要になったときは申込んだその日のうちに融資が受けられる「即日融資」で融資が受けられます。
以前のキャッシングと言えば消費者金融「サラ金」でお金を借りることが一般的でしたが、最近は消費者金融に限らずクレジット会社、銀行のカードローンなどさまざまな金融機関が小口金融に積極的に取り組んでいます。
多くの金融機関でキャッシングの申込が可能になっていますが、申込をする前にインターネットなどで調べて、どこへ申し込むのが一番良いのかを決めることが重要になります。

タグ:

 
0

個人信用情報機関にはキャッシングの記録がいつまで残る?

Posted by 管理人 on 3月 16, 2015 in 消費者金融

日本に3つある個人信用情報機関、そこでは個人の詳細な債務情報が管理されています。
申し込みや契約内容、返済状況などの詳細であり、マイナスにもプラスにもなる情報ばかりです。
例えば返済の遅延が3か月以上続いたときにはそれが金融事故として扱われることになります。
金融事故情報はいわゆるブラックです。
当然審査に通るわけがありません。
残っていることがマイナスになる情報もあります。
しかし、個人信用情報機関には登録されている期間が決められています。
永久保存ではありません。
それではどのような情報がどの程度保管されるのか見ていきましょう。
「申し込み時の情報・保存期間最長6か月」
・申込先
・本人識別情報(氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先など)
・申込日
・ローンなど商品の種類
「契約、返済情報・解約後最長5年」
・契約日
・融資限度額
・支払回数
・返済日
・返済予定日
・残高
・完済日
「3か月以上の返済の遅延、強制解約・返済解消から最長5年」
・遅延した商品
・遅延解消の状況
・強制解約の情報
「任意整理・最長5年」
・任意整理に関する状況
「自己破産、個人再生情報・最長10年」
・自己破産に関する状況
思っていたよりも長い期間だったでしょうか。
注目したいのは2つあります。
まずは契約の情報は解約から5年間保有されるということです。
消費者金融のキャッシング 申込や銀行カードローンは融資限度額の範囲を自由に借り入れができるようになっています。
それは借入残高が0になったときつまり完済した時でも変わりありません。
いつでも自由に借り入れができる状況でありつまりは契約の継続です。
完済後5年で消える情報ではなく、解約をしなければ消えない情報になっています。
また、もう一つは金融事故情報です。
3か月以上の滞納、任意整理、個人再生、自己破産や代位弁済は金融事故の情報として扱われています。
つまりブラックです。
その情報があれば消費者金融だけではなくどのようなローンにも、そして金融関連の契約にも通ることはありません。
個人信用情報機関に登録されている情報が気になるのであれば一度情報開示請求を行ってみるとよいでしょう。

タグ:

 
0

消費者金融を大阪で選ぶなら

Posted by 管理人 on 3月 1, 2015 in 融資

大阪府の公式ホームページには、「消費者金融を利用するに当たって知っておくべきこと」という心得があります。どうしてもお金を借りなければならない場合の心得を簡単に要約すると、このようになります。
1.借り入れ額は必要最小限
2.短期間の返済と返済期日の遵守
3.契約書を十分に確認する
4.使用目的がわからない書類は渡さない
5.借金返済のための借り入れはしない
6.契約書の写し、領収書を必ず保管
さらに、業者を選ぶ際には、賃金業法に基づく登録を受けた業者かどうかを確認するようにと注意されています。大阪府に本店がある貸金業者には、アプラス、富士クレジット、新大阪ファイナンス、サンワ、日証、アルク、リアルトレイド、アークファイナンスなどがあります。大阪の貸金業者は非常に多いため、どの業者から借り入れをするかを選ぶためにはあらかじめ調査をすることが大切です。
それぞれの業者が提供するサービスの中から一番自分に合ったものを選びたいと思いますが、何を一番重要視するかで選ぶ業者が違ってきます。低金利、スピード、利用限度額、女性や学生専用、多重債務など、各業者が力を入れている部分は異なります。速さを重視すれば金利が高くなる可能性がありますが、急な出費にスピーディーに対応できるという利点があります。逆に借り入れまでの時間はかかるけれど、金利が安いという場合もあります。まずは自分が特に必要としているものを中心にして調査をしてみましょう。>無利息キャッシング

タグ:

 
0

消費者金融で追加融資を受けるためには

Posted by 管理人 on 2月 12, 2015 in 消費者金融

ネットやスマホで申し込みが可能といったように、カードローン審査に通りやすい消費者金融はますます気軽に利用できるようになりました。とはいえ、好きなだけお金を借りられるわけではありません。なぜなら、借りすぎや貸しすぎを防止するために消費者金融には総量規制が課せられているからです。総量規制とは、個人の年収の3分の1を超える額を貸し付けてはならないという規制のことです。消費者金融に申し込むと審査が行なわれ、融資を受けられる限度額が決定します。
一度審査に通過すれば、その後は限度額の範囲内で繰り返しキャッシングを利用できます。例えば限度額が30万円の人なら、30万円を超えない範囲で借り入れと返済を何回でも利用することができます。ただし、返済を延滞したり他社で追加の融資をすると限度額が引き下げられる可能性があるので気をつけましょう。
延滞をすることなく安定した返済を続けると、追加融資を受けられる可能性が高まります。追加融資、つまり利用限度額の引き上げを希望する時は、利用限度額の変更申し込みをしましょう。申し込みをするともう一度審査が行なわれ、支払い能力があると判断されれば追加で借り入れが可能となります。
新規で借り入れをしたばかりのタイミングでは追加融資を受けるのは難しいので、まずは安定した返済実績を作りましょう。一度でも延滞すると信用情報に傷が付いてしまうので、毎回の支払期日を確認し、うっかり払い忘れることがないように気を付けましょう。また何より、引き続き安定した収入を確保することが大切です。

タグ:

 
0

おまとめローンで一本化が無理な場合には一部だけでも

Posted by 管理人 on 2月 4, 2015 in 融資

おまとめローンは複数の借入先からの借金を一つの金融機関にまとめるローンになりますが、銀行のおまとめローンは審査は厳しく誰でもが利用できるようなものではありません。同じくらい低金利なローンとして銀行カードローンを利用してのおまとめという手段もありますが、複数の借金全てが返済できるほどの額を借りられるかどうかとなりますと、今の借金の2倍の信用がなくては借りられないわけですからそれもなかなか難しいでしょう。そうしたときにおすすめなのが、一部だけをおまとめするという方法です。
おまとめローンをする目的は複数の借金を一つにまとめることでより低金利となり利息負担が減るため、ひいては月々の返済負担が減ることです。そして月に何度も訪れる支払日をまとめることで管理がしやすく精神的に楽になるというメリットもあります。もし借金全部が無理だとしても、例えば、3件ある借金のうち2件でもおまとめできればどうでしょう?
もともとおまとめローンを利用する方の多くは、消費者金融のキャッシングで小額ずつ借入れをしていて適用金利も18%あたりの高金利であることが多いのです。そのため、全てでなくとも一部の債務であったとしても、それを低金利な銀行カードローンにまとめることができれば利息負担を減らすことができますし、借入件数も減るため支払日の管理も少しは楽になります。
そのまま返済を続けていき、返済実績を積んでからその銀行カードローンで増額すれば、また残りの借金もまとめることができるかもしれません。また、借入件数が減ることでおまとめローンの審査も有利になりますからある程度までこうした方法でまとめてからあらためておまとめローンに申込む、という手もあります。
おまとめローン審査通らない、おまとめ目的でカードローンの審査を受けたが希望通りの枠がもらえないからといって、あきらめてはいけません。借金の一部だったとしても、おまとめができたなら確実に前進できています。コツコツとそうした努力を積み重ね、完済に向けてがんばりましょう。

タグ:

 
0

実質年率(金利)はキャッシング業者によって違いがあるの?

Posted by 管理人 on 12月 8, 2014 in お金

消費者金融では金利と呼ぶこともありますし実質年率、借入利率と呼ぶこともあります。
業者によっていい方には違いがありますがどれも同じ、借り入れ金額に対して年間でかかるキャッシング利息の割合を表しています。
キャッシングをするなら金利を考えておきたいのは当然のことでしょう。
残念ながら消費者金融のキャッシングにおいて金利を比較することは意味の無いことです。
大手消費者金融の金利を並べてみましょう。
・プロミス 年4.5%〜17.8%
・アコム  年4.7%〜18.0%
・モビット 年4.8%〜18.0%
・アイフル 年4.5%〜18.0%
どうでしょうか、ここに差を見つけることができたでしょうか。
下限の金利は多少の差はあるもののすべては4%後半となっています。
上限金利ではプロミスが他社と比べて0.2%の違いはあるものの、実際に借り入れをしたときに利息の差として明確になるほどの金利の違いではありません。
つまり、消費者金融ならどこで借り入れをしたとしても金利が変わらないということになります。
ここに銀行が加われば金利を比較する必要性が出てきます。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックであれば金利は4.6%〜14.6%となっています。
銀行は金利が上限でも15.0%以下であることが一般的であり銀行によっても金利は大きく違ってきますので比較する意味が出てきます。
消費者金融でのキャッシングでは現状は比較する必要がないということになります。

タグ:

 
0

現金で返済するのではなくキャッシングの返済基本は口座引き落とし

Posted by 管理人 on 12月 4, 2014 in 消費者金融

毎月確実に返済をしていくためには「忘れる」ということがあってはなりません。
そのため消費者金融での返済方法として基本の使い方は口座引き落としです。
ATMを利用した現金で入金する方法もよく使われています。
しかし思い出してみてください。
ATMで返済しようと思ったとき、何らかの面倒が生じることはなかったでしょうか。
例えば仕事が忙しくATMに向かう時間がなかった、昼休みにATMに向かったけれども長蛇の列で時間が間に合わなかったという経験です。
キャッシングの返済によくあることです。
口座引き落としは毎月決められた日に決められた金額を自動的に口座から振り返る方法となっています。
そのため口座に残高があれば返済が遅れるということはありません。
ひとつ気をつけなければならないこととしては決められた金額は最低返済額であることが多いため返済が思うように進まないということです。
最低返済額では元金に充当される金額が大きくはありませんので利息の支払いが増え、何回返済をしたとしてもまだこの程度の進み具合だったかと落胆することは多いものです。
だからこそ追加返済をしながら元金を減らしていく必要があります。
基本の返済方法として口座引き落としを使いながら元金を返済するために追加返済をするということです。
返済方法を併用することはよく使われる手法です。
キャッシング比較の仕方を変えてみましょう。
視点を変えることで自分にとって無理のないそして返済が進みやすくなる方法を見つけることができるでしょう。

タグ:

 
0

年金を担保にお金を借りることなんてできるの?

Posted by 管理人 on 10月 1, 2014 in お金

年金を担保にお金を借りること、これは現在の法律で禁止されています。
悪質な業者が高齢者から年金手帳を取り上げて貸し付けをする、そのニュースは目にしたことがあるでしょう。
それらは違法な行為であり、年金が担保になることはありません。
しかし現在の年金受給者が独立行政法人福祉医療機構の融資を受けることはできます。
年金を担保にするというよりは、年金受給である事実を担保とするといったほうが適切です。
金利は公的融資として考えることができますので年金担保貸付で1.6%と低くなっています。
生活保護受給中は利用できなかったり、同一の年金で既に借入金残高があるときなど利用できない条件も少なくはありません。
しかし借り入れができる方法として安心できる融資先となるでしょう。
国に認められた公的融資は安心が違います。
高齢化社会の現在は、この先もまだまだ高齢化は深刻になってくるでしょう。
年金で生活をする方がこれから先も増えるということでもあります。
年金担保の融資は独立行政法人福祉医療機構以外では行うことができません。
悪質業者はまだ存在していますので警戒をしましょう。
年金手帳を担保とするだけではなく、返済方法の一つとして年金手帳を渡すように求められることもあります。
年金手帳は使わないこと、これを考えておかなくてはなりません。
独立行政法人福祉医療機構以外では年金を担保とした融資は違法になる、それを覚えておくだけで危険が回避できます。

タグ:

Copyright © 2015 即日振込は消費者金融キャッシングの常識