0

実質年率(金利)はキャッシング業者によって違いがあるの?

Posted by 管理人 on 12月 8, 2014 in お金

消費者金融では金利と呼ぶこともありますし実質年率、借入利率と呼ぶこともあります。
業者によっていい方には違いがありますがどれも同じ、借り入れ金額に対して年間でかかるキャッシング利息の割合を表しています。
キャッシングをするなら金利を考えておきたいのは当然のことでしょう。
残念ながら消費者金融のキャッシングにおいて金利を比較することは意味の無いことです。
大手消費者金融の金利を並べてみましょう。
・プロミス 年4.5%〜17.8%
・アコム  年4.7%〜18.0%
・モビット 年4.8%〜18.0%
・アイフル 年4.5%〜18.0%
どうでしょうか、ここに差を見つけることができたでしょうか。
下限の金利は多少の差はあるもののすべては4%後半となっています。
上限金利ではプロミスが他社と比べて0.2%の違いはあるものの、実際に借り入れをしたときに利息の差として明確になるほどの金利の違いではありません。
つまり、消費者金融ならどこで借り入れをしたとしても金利が変わらないということになります。
ここに銀行が加われば金利を比較する必要性が出てきます。
例えば三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックであれば金利は4.6%〜14.6%となっています。
銀行は金利が上限でも15.0%以下であることが一般的であり銀行によっても金利は大きく違ってきますので比較する意味が出てきます。
消費者金融でのキャッシングでは現状は比較する必要がないということになります。

タグ:

 
0

現金で返済するのではなくキャッシングの返済基本は口座引き落とし

Posted by 管理人 on 12月 4, 2014 in 消費者金融

毎月確実に返済をしていくためには「忘れる」ということがあってはなりません。
そのため消費者金融での返済方法として基本の使い方は口座引き落としです。
ATMを利用した現金で入金する方法もよく使われています。
しかし思い出してみてください。
ATMで返済しようと思ったとき、何らかの面倒が生じることはなかったでしょうか。
例えば仕事が忙しくATMに向かう時間がなかった、昼休みにATMに向かったけれども長蛇の列で時間が間に合わなかったという経験です。
キャッシングの返済によくあることです。
口座引き落としは毎月決められた日に決められた金額を自動的に口座から振り返る方法となっています。
そのため口座に残高があれば返済が遅れるということはありません。
ひとつ気をつけなければならないこととしては決められた金額は最低返済額であることが多いため返済が思うように進まないということです。
最低返済額では元金に充当される金額が大きくはありませんので利息の支払いが増え、何回返済をしたとしてもまだこの程度の進み具合だったかと落胆することは多いものです。
だからこそ追加返済をしながら元金を減らしていく必要があります。
基本の返済方法として口座引き落としを使いながら元金を返済するために追加返済をするということです。
返済方法を併用することはよく使われる手法です。
キャッシング比較の仕方を変えてみましょう。
視点を変えることで自分にとって無理のないそして返済が進みやすくなる方法を見つけることができるでしょう。

タグ:

 
0

年金を担保にお金を借りることなんてできるの?

Posted by 管理人 on 10月 1, 2014 in お金

年金を担保にお金を借りること、これは現在の法律で禁止されています。
悪質な業者が高齢者から年金手帳を取り上げて貸し付けをする、そのニュースは目にしたことがあるでしょう。
それらは違法な行為であり、年金が担保になることはありません。
しかし現在の年金受給者が独立行政法人福祉医療機構の融資を受けることはできます。
年金を担保にするというよりは、年金受給である事実を担保とするといったほうが適切です。
金利は公的融資として考えることができますので年金担保貸付で1.6%と低くなっています。
生活保護受給中は利用できなかったり、同一の年金で既に借入金残高があるときなど利用できない条件も少なくはありません。
しかし借り入れができる方法として安心できる融資先となるでしょう。
国に認められた公的融資は安心が違います。
高齢化社会の現在は、この先もまだまだ高齢化は深刻になってくるでしょう。
年金で生活をする方がこれから先も増えるということでもあります。
年金担保の融資は独立行政法人福祉医療機構以外では行うことができません。
悪質業者はまだ存在していますので警戒をしましょう。
年金手帳を担保とするだけではなく、返済方法の一つとして年金手帳を渡すように求められることもあります。
年金手帳は使わないこと、これを考えておかなくてはなりません。
独立行政法人福祉医療機構以外では年金を担保とした融資は違法になる、それを覚えておくだけで危険が回避できます。

タグ:

 
0

国からお金を借りるには?個人が受ける公的融資

Posted by 管理人 on 8月 29, 2014 in 融資

収入によっては個人が公的融資を受けることも可能です。
国からお金を借りるにはまず自分の年収を考える必要があります。
低所得世帯が受けることができる公的融資、生活福祉資金貸付制度があります。
失業などによって、もしくは減収によって生活が困窮することがあります。
これは今の時代においては残念ながら珍しいことではありません。
融資として生活費の借り入れやそのほかさまざまな事情での借入に対応しているのが生活福祉資金貸付制度です。
生活福祉資金の種類は多くなります。
生活を再建するまでの生活費、住宅入居のための費用、教育支援費や就学支度費などその資金目的は多岐にわたっています。
金利が低く返済期間が長いことが特徴となるこの生活福祉資金貸付制度は市区町村の社会福祉協議会で受付を行っています。
もちろん借り換えローン相談もできますので足を運んでみるとよいでしょう。
低所得者世帯だけではなく、高齢者世帯、障害者世帯も利用することができます。
連帯保証人をつけることはできるでしょうか。
それであれば金利はかかりません。
つけることができなかったとしても金利は1.5%になりますので格安の利息ですみます。
総合支援資金の利用者が多くなっています。
生活福祉資金貸付制度の中でも失業などによって困窮している方、もしくは世帯が利用できる融資です。
リストラなどの問題はいまだ解決がみえていない中で、消費税の増税もあり私たちには大きな負担が強いられています。
収入が低い時には業者からの借り入れよりも先に公的融資を考えておきましょう。

タグ:

 
0

国からお金を借りるにはどうすればいいの?

Posted by 管理人 on 8月 9, 2014 in キャッシング

お金を借りる目的次第では、国から有効的にお金を借りることができます。
日本という国は、諸外国に比較すると裕福な国といえるでしょう。
その分、国民に対しての福祉政策は、大いに活用していくべきでしょう。
まず、事業資金としての利用であれば、日本政策金融公庫が利用できます。
個人事業主が、事業資金として国から借入を行うことのできる制度です。
銀行などの事業融資と比較すると、金利が低く、長期間の借入が可能になっています。
しかし、審査基準は、金融機関に比較すると厳しいといわれています。
長期的な事業計画の整合性が大切になってきます。
利用する上では、きちんとした事業計画を立てて審査に臨むようにしましょう。
個人向けの融資制度としては、生活福祉資金貸付制度が注目を受けています。
低所得者や高齢者、障害者など生活上お金が不足している方を対象に、生活支援の目的でお金を貸付します。
融資の種類は「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」の4種類で、それぞれの目的に応じた利用が可能です。
金利は非常に低く、長期間にわたる借入が可能なことが大きなメリットです。
各市町村の社会福祉協議会が窓口で申込を行っています。
生活困窮者に対する支援が目的ですので、審査基準に応じた方でないと利用できません。
また、当然ながら借り換えといった投機的目的の利用は行えません。
国からお金を借りる際の、最大のメリットは低金利であるということです。
利用目的に応じて、自分にあっていると判断すれば、一度相談を行ってもいいのではないでしょうか。

タグ:

 
0

中学生がお金を借りる方法

Posted by 管理人 on 7月 27, 2014 in キャッシング

中学生でもお金を借りることが出来るのか……?当然のことですが、答えは「いいえ」となります。中学生はアルバイトで働くことも、就職することもできません。ましてや、カードローンサービスの申し込みをすることも不可能です。クレジットカードを発行することもできなければ、信販会社でキャッシングも出来ません……。もちろん、家族トラブルで生活に困窮している、健康的な生活が出来ない、学費が払えないという場合は「今すぐお金を借りたい」以前に、周りに保護を訴える必要があります。
特に家庭に問題がなければ、お金が必要だということを親に相談をしてください。生活に必要なこと、学校で購入すべきものは、親に相談をして購入することが一番です。小遣いが足りない、欲しい洋服が買えないという程度で、お金を他人から借りるというのは、中学生の間は控えるべきです。もちろん、常識の範囲内で「お年玉の前借り」を親や祖父母に相談するのは、許されるかもしれませんが……。
ただ、最近では遊ぶお金が欲しいという理由で、ネットで知り合った他人からお金を借りるという中学生が増えてきています。その使い道もネットゲームの課金、スマートフォンアプリの購入費用など、形のないものが大半を占めます。
女子中学生の場合は、ファッションやコスメ、アクセサリーの購入にお金が必要だと感じているようです。中学生の間は、親からもらえる小遣いの範囲内でやり繰りをしてください。欲しいものがあれば、誕生日やクリスマス、高校入学の記念に買ってもらうようにしましょう。

タグ:

 
0

即日振込は消費者金融キャッシングの常識

Posted by 管理人 on 5月 30, 2014 in お金

審査が早いことも消費者金融の特徴となっています。
即日振込は当然のこと、とにかく消費者金融でのキャッシングはスピードが早いといえるでしょう。

審査は対応時間が決められています。
24時間対応ではありませんのでその点は注意をしなくてはなりません。
しかし、おおむね大手であれば20時までは審査対応時間となっておりその時間内に契約が完了すると当日のキャッシングは可能です。
可能ということは不可能な場合もある、と感じたでしょう。
実はその通りです。
例えば振込キャッシングで当日借り入れをするならば金融期間の振込実施対応時間内でなければなりませんので平日の15時までとなっています。
手続きの時間もありますので当日の振込キャッシング対応時間は14時45分までとなっていることが多くなっています。
プロミスのように三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座ならいつでも振込み対応可能となっているその消費者金融にとってメリットの高い口座が用意されていることもありますのでチェックしておきましょう。

今日借りたい、そんなときにも対応ができるのは消費者金融です。
銀行では最短当日となっているところが多くはなってきているものの、実際には何かしらの条件があり当日となれば可能性が高いとは言えません。
クレジットカードとなれば3週間は当たり前になっていますのでやはり消費者金融はキャッシング業界の中で最もスピードのあるキャッシングと言えるでしょう。

Copyright © 2014 即日振込は消費者金融キャッシングの常識